絹100% 長さ3.6-3.9m(お仕立て上がり時)
白生地には、紋駒無地を用いております。
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃 5月下旬~6月、9月~10月上旬の単衣頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、お食事会、お稽古事、街着、カジュアルパーティーなど

◆あわせる着物 色無地、小紋、織のお着物など


宮城里子氏による…
本場琉球紅型、素敵ないろどりの冴えの染め九寸名古屋帯をご紹介いたします。

紅型の第一人者として知られる藤村玲子氏の作風に感銘を受け、
藤村氏に指導を受けた宮城氏は、
身近にある自然の題材を感性に魅せた女性らしい優しい色彩や、
常に新しい感覚を取り入れた創造力の高さに、ファンの多い紅型作家さんです。


もともとは、身分の高い者だけに着用を許され、一般的には禁断の布であった紅型。
廃藩置県によって王朝の庇護はなくなり、
戦争によって多くの型紙や道具が失われましたが、
そのような辛苦を乗り越えて創作を続けた職人の情熱は失われません。

柳宗悦にはじまる民藝運動によって、蒐集された沖縄の布。
戦火から救われた古紅型や織物の精緻な型染め模様、筒引きの力強い色。
米軍の使い落とした薬莢を筒描きに利用し、
型を彫る台は「るくじゅう」と言われる豆腐を干したものを用いました。

鋭利な小刀を自在に操って突き彫りされる美しい型。
そして、精神を極限までに集中させて糊を置いていく匠技。
染めるための道具までもを手づくりでまかなう究極の手仕事の染色…
それが、琉球の紅型です。

今回ご紹介のお品は、紋駒無地に染めあらわされたおひとつ。
染めの御着物にも、織りの御着物にもコーディネートいただけます。

かえし三丈を薔薇色に染め上げ
流麗ながらどりの花葉模様で
桜と薄クリームにの染め分けました。
それぞれには風に舞うはなびらが
南国の浪漫を感じさせます。

いろどりのコントラストはけして鮮明ではなく
むしろ女性らしい優美さをもって
一格上のおしゃれなシルエットを創り出します。

宮城氏ならではの美しい感性が見事に表現された作品でございます。
印象的な後姿に。
是非とも末長く大切にご愛用くださいませ。


■宮城里子
1947年 沖縄県生まれ
1966年 沖縄県立首里高等学校染織科卒業 大城貞成紅型工房入門
1968~72年 藤村玲子紅型工房で修行
1977年 「宮城紅型工房」設立
1983年 第五回「沖縄県工芸公募展」最優秀賞受賞
1984~87年 「沖展」奨励賞受賞
1996年 「西部工芸展」沖縄タイムズ賞受賞
2005年 「沖縄タイムズ芸術選賞」奨励賞受賞
※こちらの帯のお仕立てには染帯用綿芯がおすすめです。


九寸帯のお仕立て
(染帯綿芯九寸<おすすめ>) (綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

[A1G218083QW]-[TP:安田]-[PS:宮崎]-[CH:八木]-[文責:竹中]-[0413019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ヨネックス エフレーザー9S 品番:FLR9S カラー:プラウドホワイト(719) サイズ:UL1【smtb-s】

【人気No.1】 ◎このいろどりの優美!≪宮城里子作≫本場琉球紅型九寸名古屋帯紋駒帯地「風花」-帯

【人気No.1】 ◎このいろどりの優美!≪宮城里子作≫本場琉球紅型九寸名古屋帯紋駒帯地「風花」-帯